ギアポンプ

HS-56

型式 品名 最高運転温度 材料粘度 最大吸入圧 最大吐出圧 最大圧力差 1回転当りcc数 生産量(Kg/Hr) 総動力
HS-90 90型流体定量機(371CC) 350゚C 50~30,000Pa.s 120Bar 300Bar 250Bar 371 900-1500  
HS-70 70型流体定量機(176CC) 350゚C 50~30,000Pa.s 120Bar 300Bar 250Bar 176 500-850  
HS-56 56型流体定量機(92.6CC) 350゚C 50~30,000Pa.s 120Bar 300Bar 250Bar 92.6 300-490 2800W
HS-46 46型流体定量機(50CC) 350゚C 50~30,000Pa.s 120Bar 300Bar 250Bar 50 150~280  
HS-39 39型流体定量機(35CC) 350゚C 50~30,000Pa.s 120Bar 300Bar 250Bar 35 85~180 1080W
HS-31-20 31型流体定量機(20CC) 350゚C 50~30,000Pa.s 120Bar 300Bar 250Bar 20 60~90  
HS-31-10 31型流体定量機(10CC) 350゚C 50~30,000Pa.s 120Bar 300Bar 250Bar 10.2 45-60 1000W
HS-23-5 23型流体定量機(5CC) 350゚C 50~30,000Pa.s 120Bar 300Bar 250Bar 4.7 20~28 800W
HS-23-3 23型流体定量機(3CC) 350゚C 50~30,000Pa.s 120Bar 300Bar 250Bar 3 5~16 800W

*上記表はあくまで参考まで、実際の数値はお客様のご要望(加工・応用)によります。


商品の特徴:
1. ギアポンプは全ての部品についてCNC加工製作工程および厳格な品質検査をクリアしています。
2. 押出機からのパルス波を排除し、安定的に計量調節を行うことができ、スクリューの保守および寿命延長にも寄与します。
3. 冷却部でポンプ温度を下げる設計になっており、ギアシャフトは効率的な運転を可能にします。
4. 安定した圧力により、生産品の品質を高め、原料ロスを減らします。
5. 全ての商品に圧力計穴を設けており、安定した圧力を提供します。



材質指標:
ポンプ:特殊工具鋼
ギアシャフト:特殊工具鋼
ベアリング:特殊治具鋼
加熱方式:電加熱