会社紹介
 
   
1984年 合興ギア工場設立
1994年 CNCフライス盤四軸加工を開始
2003年 合興精工企業股份有限公司を設立
2005年 ISO9001:2000認証を取得
2011年 業務拡張により三つ目の工場を新設し生産開始
2017年 新工場を建設し引っ越し規模拡大
2019年 工場を合併し用地8,800平方メートル
第一工場
 
 
  新工場
 
 

 

Video

 
    当社は設立以来、「卓越性を追及し、常に改善する」を経営理念として堅持し、プロフェッショナルで心のこもったサービスと実情に即した安定経営により顧客に最高の製品とサービスを提供しています。また積極的に新しいものを取り入れ、仕事を敬い新しいものを追及する勤務精神により永続的な経営の実現と社会への奉仕を目的とし、人類のより良い福祉と優れた勤務環境を絶えず発展させるための努力を惜しまず、「プロフェッショナルな水準」、「仕事への情熱」と「職業倫理」の実践により顧客に完全に満足していただくこと目標に、「卓越性を追及し、常に改善する」という永続的な発展の道を求めています。

 

 

   

完璧な品質は当社の最も重要な信念であり、100%の品質を打ち立て、全員が品質管理者であるという考えを実現し、製品の「欠陥ゼロ」を確保するため、効果的な品質管理システムを積極的に取り入れるとともに、2005年にはISO9001:2000国際品質認証を取得、材料の入荷検査から製造プロセスにおける検査、および完成品の最終検査という三大対策を徹底的におこない、また日本Mitutoyo製の三次元座標測定器を導入、製品の精密度を厳格に把握することで、最高レベルの品質を実現しています。

 

 

 

 

   

当社は2003年に新工場を設立、CNC装置を増やし、一貫性のある製造プロセスと設備を投入、四軸応用ソフトウェアを開発し一貫性のある製造工程を増やすとともに各ステップにおける品質を把握することで国内外業者のご愛顧を賜り、長期的な協力パートナー関係を築いています。

各工場エリアそれぞれの専属業務:第一工場はギア加工および一般的で伝統的な機械加工を主としています。新工場はスクリューおよびCNCフライス盤四軸加工、CNC横式フライス盤および各種グラインダーによるシリンダーの加工と精密研磨を主としています。

 

 

   

1. プラスチック機械:交換式セグメントおよびスクリュー軸、ツインスクリュー、遊星スクリュー、スクリュー攪拌部の加工。
2. 押出機械:ブローフィルムマシン、中空成型金型の円柱表面加工 。
3. 化学工業機械:カム式セグメント

4. ギア:各種ギアの加工製造
5.その他:各種花柄ローラー、輸送スクリュー(各回転角度を含む)、円柱式往復軸、金型…